1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 中小企業の経営
  4. 獲得単価と受注単価

獲得単価と受注単価

投稿日:2013年1月24日 カテゴリー: 中小企業の経営
こんばんは。 谷口です。 今月は、獲得単価(1社受注するのにかかる広告費)が 昨年、11月・12月より低いと 喜んでいたのですが、昨日の打ち合わせで 受注単価(1社当たりの平均制作費)が下がっていることがわかりました。   獲得単価が3,000円下がっても 受注単価が10,000円下がってしまっていては 一番大切な利幅が下がってしまいます。 獲得単価よりも、 獲得したお客様がいくら使ってくださるかという 受注単価の方が指標として大切なんだなと気づきました。   平均獲得単価が1万円で平均受注単価が10万円 より 平均獲得単価が1.5万円で平均受注単価が20万円の ほうが 獲得単価が1.5倍になっても 粗利が9万円→18.5万と約2倍になるので 好ましいです。   昨年末から受注したお客様がどのキーワードで検索して 弊社を知ったのか受注時にアンケートを取っています。 アンケートを取ることで 例えば、「ホームページ作成会社」キーワードで来たお客様は たくさん制作費をかけてくれる傾向があるということが わかれば、「ホームページ作成会社」というキーワードに 重点的に予算配分をし、受注単価を上げることができます。 獲得単価だけでなく、キーワードごとの受注単価も データを取る事で見える化し、 より戦略的に動ければと思います。   皆様も、お得意様がどのキーワードから 来たのか知ることで どのキーワードにリソースを重点配分した ほうがよいかがわかるので キーワードアンケートの実施はおすすめです!  

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ