スタッフブログ

サポート担当が注意が必要だと思うご依頼

2019年03月18日(月)

おはようございます、リンヤ株式会社の細川です。

いつもCMSpro(シーエムエスプロ)週刊メルマガをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今週は、気温が高いので都内の桜の開花もそろそろだなという時期になりました。

花粉症の方には辛い季節ですが、今週~来週末あたりは
お花見が楽しめそうなので個人的にウキウキしております。笑

今週のメルマガは、最近サポート宛にご依頼いただいた案件の中で
少し注意が必要だなと思ったことをご紹介させていただきます。

HPへのFacebookの埋め込みをご希望の先は、
通常、お客様の会社のFacebookページのURLをご提出いただいてから作業します。

先日も、飲食店のお客様からご依頼を受けて
いつも通りお客様のページのURLをいただいて埋め込み作業をしていたのですが、
なぜだか埋め込みもリンクの設定もできない…

別の方法を試してみても、なぜだかFacebookのログインページになってしまうのです…。

設定できない理由を確認するために
お客様からFacebookのログイン情報をいただき設定情報を確認することに。

そうです、落とし穴はURLではなくFacebookの設定部分にあったのです。

早速いただいた設定情報を確認してみたところ
「一般」の
「公開設定」→「このページは公開されています」…ここは問題なさそう!
「国別制限」→「誰でも見ることができます」…ここも問題なさそう!
「年齢制限」→「アルコール関連」…飲食店のお客様なので問題なさそう!

え、設定も問題ないのになんでなの?と
しばらく途方にくれていたのですが。

さらに調べてみると、「年齢制限」のところが怪しい。
一時的に、「アルコール関連」から「21歳以上」に変更してみると
先程までと同じでログイン画面に。

「アルコール関連」から「誰でも(13歳以上)」に変更したところ、できた!!!!

ここだったのか…と一度は安心したものの
お客様の設定を勝手に変更するわけにもいかないため、お客様にご相談中ですが、
「年齢制限」の箇所に「誰でも(13歳以上)」以外の
制限がかかっていると埋め込みやリンクの設定ができませんので
飲食店(アルコール提供)されているお客様はこの部分をどうするか難しい選択になるのかなと思いますので
ご依頼いただく際は、ご注意くださいませ。

時々、WordPressの管理画面の中の
お問い合わせフォームの部分に赤いエラーマークが出てしまっていると
ご連絡いただくことがあります。

エラーマークが出ているのが多い箇所としましては
「メール」タブの中にある「送信元」の項目の箇所です。

この場合、フォーム自体は問題なく動くのですが設定部分の表記をタグ表記ではなく、
ドメインを含んだアドレス表記に変更するなどの表記の変更に対してのエラーが出てしまっていることが多いです。

こちらご依頼があると、通常「送信元」の箇所にタグ表記から
「wordpress@ドメイン」などのダミーのアドレスに変更させていただきます。

こちらに変更するとエラーは解消するので良いのですが、
お客様の使用方法によっては注意が必要となってしまうのです…。

ダミーのアドレスに変更すると、フォームに届いたメールに
そのままま送信ができないため、新規でフォーム内に記載してある
アドレスを宛先に設定しメールを作成していただくこととなります。

弊社でもご解約などは、フォームの入力をお願いしているのですが
フォーム受信後は、新規でメールを作成しご案内していますが
今まで、フォームのメールにそのまま返信していたよ~という方は特にご注意くださいませ。

エラーメッセージの解消か、メール作成の手間を省くかこちらも
どちらかを選択していただく必要がありますので
こちらもご依頼いただく際は、ご注意くださいませ。

それでは、最後までご覧頂き誠にありがとうございました。
次週もお楽しみに!

細川

  |  

東京都港区芝浦3-14-8芝浦ワンハンドレッドビル2F運営:リンヤ株式会社