1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 谷口翔太
  4. 覚えるよりできるようになるのが、難しい。。

覚えるよりできるようになるのが、難しい。。

投稿日:2018年1月28日 カテゴリー: 谷口翔太

こんにちは。
CMSproの谷口です。

何かを勉強して知識を覚えるのは、覚える覚えられないは気合の問題だったりして簡単です。
一方で、覚えたことをできるようになるのは、かなり難しいです。

たとえば、経済景気循環の理論を覚こんにちは。
CMSproの谷口です。

何かを勉強して知識を覚えるのは、覚える覚えられないは気合の問題だったりして簡単です。
一方で、覚えたことをできるようになるのは、かなり難しいです。

たとえば、経済景気循環の理論を覚えても
その知識を使って株式投資をして大金を稼ぐのは、簡単そうで難しいです。

本屋に行くと
「こうすれば儲かる!」という趣旨の本が、たくさんあり、しかも高くても2,000円という値段で買える=誰でも買える状況にありながら、お金持ちは、少ないです。

ここ、2,3年、ビジネス書は、年に10冊程度しか読みません。
それまでは、仕事の面白さに目覚めた19歳から10年ぐらいで
「とにかく成功したんだ!」ということで、おそらく1,000冊以上のビシネス書を読みました。

かなりの時間とお金を費やしましたが、無駄とは言いたくないですが、
今では、その努力は、限りなく無駄に近かった気がしています。。

というのも、実際に1000冊以上読んで知った内容をどれだけ実践できて、
できるようになっているのか?
というとおそらく1%以下もできていません。

この反省を踏まえて、最近は、徹底して実行する価値がありそうなビジネス書を厳選して読んで実践して
できるようになるように努力しています。

例えば、以前紹介した「伸びる会社は「これ」をやらない!
を自分とマネージャー2人で読んで
マネージメントのルール策定をして、実際に実践していますが、おそらく今年どんなに
頑張っても本の内容の20%を実践してどうにかできるようになっているかな?
というレベルにしか到達しなさそうです。
自分1人ではなく3人で頑張ってもです。

昨年の春にトーマツのセミナー受け放題のプランに加入して
トーマツのおすすめは、「知っても実行してできるようになるのは難しいからセミナー受講は一人につき年二回でも十分。」という有り難いアドバイスも無視して、
高い月謝を払っているからという貧乏根性もあり、
就業時間内にセミナーを昨年は1人平均5回受けてもらいました。

すぐに結果が出ることを期待していたわけではないですが、
セミナー資料や受講報告を受けて把握している知識を実際に受けた社員ができるようになっているのか?
というと多めにみて1割ぐらいはできているかなというレベルです。

自分と同じ境遇の大学生時代に起業した知り合いを思い起こしても
もちろんみんな本を読んでよく勉強していますが、
それよりも就職して得た社会人経験がないのなかで、実際にやってみて
手痛い失敗しながら、商売で生き抜くために武器となる実践知を貯めていっている気がします。

自分にしても、絶望して打ちひしがれる経験、
ちんけだけど、当時は大事だった自分の高いプライドが見事に崩壊するような経験をして、
どうにかそれなりに事業計画および資金繰りができるように。
休みの日でも、思い出してはイライラしてどれだけ仕事に追いかけられるのか?
深く酔わないと逃げれないという思いをしてマネージメントがなんとかできるように
なりました。

いくらたくさん本を読んでも大金をはたいてアメリカの大学のMBAに行っても
やらないことには学んだ知識は身につかないんでしょうね。

– 谷口翔太

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ