1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. ソーシャル
  4. ファンになってもらう方法

ファンになってもらう方法

投稿日:2017年12月8日 カテゴリー: ソーシャル

いつも週刊メルマガをご覧頂き、誠にありがとうございます。
今週は、CMSpro制作担当の石束が担当させていただきます。

はじめまして、石束(いしづか)と申します。
乾燥し寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は早速風邪をひいてしまいました…!
どうぞ体調管理にはお気を付けくださいませ!

今回、初メルマガ担当をさせていただくのですが、ご挨拶と共に【ファンになってもらう方法】についてお話をしていきたいと思います。

人は比較的感情で判断してしまうことが多々あります。
特に商品やサービスにお金を払う時、いくら良いと分かっていても、買う気になれない…ということがありませんでしょうか。
以前靴の小売店で接客販売をしていた経験から、お客様に自分のファンになっていただければ、サービスや商品をお勧めしやすくなり、リピート客に繋がりやすいということが分かりました。
そこで、今回は接客を通してファンになってもらう方法お話しします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ファンになってもらう方法
CMSpro制作担当:石束

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「人は見た目が9割」という本が以前話題となりましたが、第一印象が決まる割合は対面の場合、視覚・聴覚を合わせると90%を占め、わずか残り10%が話す内容だそうです。
ミスはないようにすることが大前提ですが、第一印象で信頼できそうだなと思っていただければ、防げなかったミスがご愛敬となったり逆に印象が悪い印象が続いていると大クレームになってしまったりします。
対面の場合、
・視覚…清潔感、姿勢、立ち振る舞い、笑顔、スピード感、目を見て話す、相槌など。
・聴覚…声の大きさ、話し方、トーンなど。
以上に気を付けるだけでぐっと印象が良くなり、自信があるように見え、信頼してもらいやすくなります!
また話すときにお客様の話すペースや理解度に合わせて話し方を変えるということも重要です。

私の場合声が小さく通らないことがマイナスで、発声練習をしたりして声を大きくするよう練習させられたことを覚えています。。。!

お客様に商品やサービスの背景といったストーリーを交えて、いかに自分が自信を持って紹介するかということをアピールします。
商品やサービスに自信があり詳しく語れる人から買うということは商品の価値も上がり、満足度もあがります。
ここで注意ですが、無理に良いところばかりお勧めしても怪しまれますし後から期待していたものと違う!!とクレームになる可能性もあるので出来ることとできないことを正直にお伝えするようにしましょう。

言い換えると、お客様のことを自分から好きになることです。個人的には一番重要なポイントだと考えております。
例えば自分の恋人や家族のように考えてみると分かりやすいかもしれません。
基本は、お客様の名前を覚え、あえて名前を呼ぶようにすることです。名前で呼ばれるだけで、お客様は安心し自然と好感を持っていただきやすくなります。
また、趣味嗜好、こだわるポイントなどのパーソナルな部分も必ず覚えて記録しておくと良いです。
お客様を覚えることで、自分のことを分かってくれているこの人にまたお願いしようと思っていただきやすくなります。
覚え方は人それぞれですが、とあるスタッフはノートに似顔絵を描いてお客様を覚えるように工夫していました。

以上3つの方法を実践していただくと、お客様との距離がぐっと近くなり、信頼関係を築きやすくなり、ファンになっていただける近道だと思います。

以前勤めていた靴店では「カウンセリングによって足に合った靴を選ぶ」ことが一番の謳い文句だったのですが、単純に足に合っているからと言ってお勧めしても、満足してご購入までにはいたらないケースもあります。
それは、商品が気に入らない、接客が気に入らない、などそこに感情が作用しているからです!
平均単価が約5万円で値引きをしない定価販売であったこともあり、いかに商品が機能的でお客様の足に合ったものかを力説しても、お客様が接客を気に入っていない場合はいくら頑張ってお勧めしても売れなかったり、セット販売に繋がらなかったりします。
結果購入するかどうかを決めるのはお客様ですが、早い段階で販売員を気に入っていただけると、満足度も上がるため一回きりではなく今後ファンになっていただける可能性も増えます。
また、自分の個性や特徴・特技、ストーリーも織り交ぜながらお客様にアピールすることで、【個人のブランディング】ができるようになり、結果自分を好きになったお客様が、勝手に来てくれるという流れが生まれるはずです。
それが実ればお客様が自分のファンとなってくれるため、常にサポーターがいるような状態となり、営業がすごく楽になると思われます。
言葉で言ってしまうのは簡単ですが、答えがあるようでない部分があるので実行することは難しいですよね…!
私自身まだまだ未熟者ですが、ご期待を裏切らないよう日々努力していきたいと思います!

+++++++++++++++++++++++++++++++++
いかがだったでしょうか。もうすでに工夫されている方もいらっしゃるかと思いますが、少しでも集客のヒントになれば幸いです!
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ