1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. マーケティング
  4. 「次のアクション」を促して、ホームページの回遊率を上げよう

「次のアクション」を促して、ホームページの回遊率を上げよう

投稿日:2017年10月10日 カテゴリー: マーケティング

CMSpro週刊メルマガをご覧頂き、ありがとうございます。
今週は、マーケティング担当の長谷川がお送りいたします!

ホームページから集客をする上で
重要な指標のひとつとして、「回遊率」というものがあります。
回遊率とは、簡単にいうと
サイトに訪問したユーザーがどれくらいページを閲覧してくれたか
という指標を表します。

ユーザーがトップページだけを見てサイトからいなくなってしまうよりも、
トップページを見て、料金ページを見て、よくある質問ページを見て、、
という方が、回遊率が高くなり、
回遊率が高ければ成果に結びつきやすくなります。

そこで今回は、回遊率を上げて、多くのページを閲覧してもらう方法として効果的な
「次のアクション」を促す仕掛けについて、ご紹介いたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

回遊率が下がってしまう原因として一番多いのが、
「そのページを読んだ後に、何をすべきかわからないページ」
が存在してしまっていることです。

それぞれのページの中に、「次の行動」を促す仕掛けをしておかないと、
ユーザーはすぐに「戻る」ボタンを押して、サイトから離脱してしまいます。

それを防ぐためには、次に起こすアクションを促すための
仕掛けをしておく必要があります。

その仕掛けとは、ページの終わりに、次に見るべきページのリンクを設置しておくこと!
ページの終わりに、次に見るべき情報のリンクが設置してあると、
そのページを見てくれる可能性が高まり、回遊率が上がる可能性が高まります。

・ブログ記事の下に、「関連記事はこちら」と他の記事を紹介するリンクを設置する
・会社概要のページの終わりに、アクセスページへのリンクを設置する
・サービス紹介のページに、料金ページへのリンクを設置する
・よくある質問のページに、お問い合わせページへのリンクを設置する

上記のように、
「そのページを読んだ人が次に知りたくなる情報が載っているページ」を
意識して、そのページへ誘導するつもりでリンクを設置すると、効果的です!

「お問い合わせバナー」を設置するのももちろん効果はあるのですが、
ページ内容によっては、次のアクションが「お問い合わせ」にならないことも多いです。
そのため、それぞれのページの内容に合わせて、
次のアクションを促す仕組みを作ると、より効果的になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

「アクセス数は多いけれど、お問い合わせにあまりつながっていない」
「ページ数は多いのに、サイトをあまり読み込んでくれている人がいない気がする」
などでお悩みの方は、ぜひ実践してみてください!

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
来週は、制作担当よりお送りします!

長谷川美紀

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ