1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. リスティング広告
  4. 取れるうちに取れるだけ取る

取れるうちに取れるだけ取る

投稿日:2016年12月27日 カテゴリー: リスティング広告

おはようございます。 谷口です。

リスティング広告の運用の案件が、増えていて、
数字を観察するのが、おもしろかったりします。

嬉しいことに、商品の単価に対して獲得単価が安い
うらやましくなるような状況のお客様が、けっこういらっしゃって
儲かっていいな~と思いながらも、続いて欲しいけど、おそらく長くは、続かないだろうなと思います。

商品単価に対して獲得単価が、安いのは、
需要より供給が少ない状況です。

その商品を欲しい人が、多くいるのに、
商品を供給する人が、少ないので
少ない広告費で多くの商品を販売できます。

1,000円の広告費で1人の買う人を獲得=CPA1,000円
で粗利9,000円が出る
みたいな状況だと僕みたいな山っ気のある経営者は、どっと広告費を倍にしたりして
勝負に出たりします。

そこでばっと顧客数が、増えたりするのですが、それを見ている人も周りに
もちろんいるわけで競合が、増えてきたりします。
となるとCPA1,000円で100件取れていたのが、
CPA2,000円でも50件しか取れないといった状況になります。

まさに、弊社が、今そんな状況です。
CPA2万円で100万円かければ、50件取れていたのが、
CPAは、数倍になり、100万円かけて50件なんて夢のまた夢です。

当初より価格が、2倍以上になっていることを割引いても
以前のように、おいしいCPAで顧客を獲得できていないことは確かです。

なので、広告を出せば、利益がすぐに出るという
最初の取引で利益が出る獲得単価で顧客を獲得できる
状況にある場合、ボーナス期間だということを認識して目一杯広告費をかけて、こなせる最大限の顧客を獲得するのが、 いいんじゃないかと思います。

そこで、アクセルを踏んで顧客数を増やしておくと
かなりお金をかけないと顧客を獲得できない
よくある普通の市場になっても持ちこたえられやすくなります。

CPAが、高くなり、一度目の取引では、利益を出せなくても
継続的にお付き合いをして2回目、3回目の取引で力を少しづつ出して
2年3年という長期スパンで収支を見れば、ペイできるようにできるので問題はないです。

例えば、ラッキーなことにブームを起こせたら
ブームのうちは、顧客を取りまくって、その間に浮かれないで
ブームだから来た軽い顧客の一部をコアなファンにする仕組みを作って ブームが、去った後に備えるのが、いいんじゃないかと思います。

なんだか結論が、よくわからなくなってきましたが、
取りやすいうちにできる限り取っておくのが正解!
ということでしめさせて頂きます。

.ps 近況報告
今年もあと少しで終わってしまいますね。
自分の今年は、継続的に自分で変化することを仕掛けておきながら
実際に、結果が出て状況が、大きく変わると、戸惑う的なよくわからない感じでした。

毎年銀行からお金を借りてぐるぐる廻していく中小企業的な状況にもなり、
ダメになって、サラリーマンになっても子供が3人いるし、こりゃあ返せないよという感じで。笑
年も取り、選択肢が、なくなり、更に腹がくくれてきました。

より深く関わり、業績にもっと貢献していこうということで
できる限り、お客様と実際にお会いさせて頂く運動も会社的にしています。
10月から毎月、町田が、ホームページ運用の無料相談会をしていますが、
ニーズが、あれば、ざっくりした経営相談会?を私がさせて頂けたらと
来年は考えております。
東京以外の地域でもセミナーを開催できたらと考えて おりますのでご希望の方は、ぜひお声かけください。

取引して頂いているお客様のお陰でなんとか今年もここまで来れて
感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も是非、またよいお付き合いさせて頂けたらと思います。

– 谷口翔太

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ