1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. GoogleAnalytics
  4. GoogleAnalytics活用方法2

GoogleAnalytics活用方法2

投稿日:2011年11月9日 カテゴリー: GoogleAnalytics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃CMSproのメルマガでしか言えない話┃【 CMSpro公式メルマガ】 Vol.013
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんばんわ。CMSproの谷口です。
だんだんと寒くなってきましたね。

先週メルマガを送れず大変申し訳ございません。
メルマガシステムへの支払いがてっきり口座振替の契約をしたので
口座振替になっていると思っていましたが、実は最初の数ヶ月分は銀行振込
だったと気づかずに、振込期限をすぎてしまいシステムが使えないという
ボンミスをおかしてしまいました。
と、ミスをしてしまう自分に情けないですが、
今後このようなことがないように細かい事に気をつけて参ります。


目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 GoogleAnalytics活用方法2
【2】 ★☆山田と中田 キャリアウーマンへの道 ☆★
【3】 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 1. GoogleAnalytics活用方法2
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前回のメルマガでAnalyticsで取得できる
基本的な数字の読み方と
サイトの改善施策への活かし方をご説明しました。
今回は、一歩踏み込んでお問合せやお申し込みを増やす
サイトの収益性を向上するためにどのようにデータを活かすのかの
方法をお伝えします。

商用サイト、特にサイトから新規の顧客を獲得したい場合、
収益につながる数字を日々管理することが大切になります。

手前味噌ですが、弊社のCMSproの数字をもとにご説明していきます。

CMSproの場合、
・訪問者数
・お問合せ数
・お問合せ率(訪問者の何%がお問合せをしたかの率)
・お申し込み数
・お申し込み率 (訪問者の何%がお申し込みをしたかの率)
を収益につながる重要な数字としております。

昨月は
・訪問者数 — 7000
・お問合せ数 — 70
・お問合せ率 — 1%
・お申し込み数 — 30
・お申し込み率 — 0.42%
でした。

この数字は一ヶ月だけ取得しても比較ができないので毎月取得し、集計しています。

下記、直近6ヶ月のお申し込み率です。

10月 — 0.42
9月 — 0.4
8月 — 0.8
7月 — 1.47
6月 — 1.5
5月 — 0.9

数字悪くなってます。笑
これは8月から開始したアフィリエイトでアクセス数が2倍以上になったけど、
全くお申し込みにつながっていないことが原因です。
今まで、お問合せ率やお申し込み率の数字の変化はあまり大きくなく、
訪問者数が増えれば、お申し込みが増えるという形でしたが、
9月からは的外れな訪問者を集めたことで、訪問者数が増えてもお申し込み数が
増えませんでした。

CMSproはSEOとリスティング広告で集客をしています。
検索エンジンだけに依存するのもリスクが高いのではと思い集客方法の分散のため
アフィリエイトに出稿しましたが、うまくターゲットにリーチできず、失敗しました。
リスティング広告への出稿を増やしつつ、その他の方法も模索したいので
現在、ソーシャルメディアからの集客をぼちぼち試しています。
また、ダイレクトメールを中小企業・個人事業主様に送り、サイトへ誘導し、お問合せを獲得する
というDMを使った集客も今検討しています。

Analyticsの訪問者数というデータを基軸にして
お問合せ率、お申し込み率を出すことで
サイトの収益状況が見えてきます。

数字に対していい訳ができないので毎月数字を出して向き合うのはエネルギーがいりますが、笑
数字の推移を見て、仮説を立てて打ち手に関して考えることができるので
上記のような数字を出して、毎月管理するのはおすすめです!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 2. ★☆山田と中田 キャリアウーマンへの道 ☆★
  ~第11回「ビジネス上の言葉遣いを学ぶ!」の巻~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「ビジネスの言葉遣いを学ぶ」講座、
私、中田が行って参りました。

常にお客様とお話しをさせて頂いたり、
メールでのやり取りをさせて頂く仕事ながら
恥ずかしい言葉遣いで、
お客様に不快な思いをさせてしまっているのではないか。

そんな気持ちで受講致しました。

すると!
よくある間違いの例として
”お客様に
「なるほど」「了解致しました」を使っていませんか?"

お、、、、お恥ずかしい!
私、無意識に使っておりました。
この場を借りて、皆様に
今までの重ね重ねのご無礼をお詫び申し上げます。

その他、
誤:「お求めやすい」
正:「お求めになりやすい」

誤:「どちらにいたしますか」
正:「どちらになさいますか」

など、ぽろりと使っていそうな言葉がちらほら、、、

改めて、無意識に
相手に「おや?」と思われるような言葉を使っていたのだと
反省いたしました。

最近、おかげさまでCMSproもスタッフが増えておりまして、
今後は新しいスタッフも含め、言葉に対する意識を新たに、
お客様に失礼のない様、一層気を引き締めて参ります!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 3. 編集後記

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここまで読んで頂き誠にありがとうございます。
10月、11月で新メンバーが二人増え、勢いが出てきました。
よりよいチームを構築して、お客様によりよいサービスができるように努めて
参ります。
来週、更新するのが忙しい方向けにお得なお値段、月4980で更新おまかせパックを
リリースします。メルマガ読者様向けの限定価格でのご提供を考えていますので
ご期待ください。

来週は水曜日にメルマガをお届けします!
宜しくお願い致します。

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ