1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. マーケティング
  4. 1は最低の数字?

1は最低の数字?

投稿日:2014年2月17日 カテゴリー: マーケティング

こんばんは。
谷口です。

「1」は最低の数字だと
アメリカのダイレクト・レスポンス・マーケティング界のグル、
ダンケネディのニュースレターによく出てきます。

取引先は「1社」だけ
集客手段は「1つ」だけ
事業は「1つ」だけ

1つに特化することで得られるメリットもありますが、
1つに依存している分、それがダメになったときに
ダメージがでかいです。

昔、毎月の、売上が、だいたい5,6社からの売上だった時に、
1社でも請求したのに、入金がなかったりするとダメージが
大きかったです。

それが、嫌で、今では、月でだいたい100社~150社から入金が
ある状態にしています。

取引先はかなり分散しているのですが、
集客手段は、リスティング1本です。

このリスティング1本って、かなりやばいなという
危機感が最近あります。

というのも、競合が入札単価を上げてくると
獲得単価が上がります。

CMSproの問い合わせのコンバージョン率はだいたい2.5%ぐらいで
安定しています。100アクセスで2,5人から問い合わせが来る感じです。

ただ、クリック単価が上がっているので
獲得単価が、CMSproの立ち上げ当初より、3倍になっています。

しかも、今月、最初の週、体調を崩し、
1月のキャンペーンバナーを消し忘れるという凡ミスをしてしました。
おそらくその結果、獲得単価が、CMSproの最低制作費63,500円に
緊迫するという大変な事態になりました。

週末をつぶして、改善施策を連続投入し、なんとか2月2週目で
毎月の平均数字に押し上げましたが、
「あ、もうこれはダメだな。」
と腑に落ちました。

遅いよって感じですが。。

後悔してもしかたないので、
メール営業はじめました。第一弾、1000通送って
反応2件とメールが「リニューアルを検討中の方へ、
サービス案内をサッパリ+ちょっとした特典」と
開封してもらうのには、平凡でパンチがなかった割に
まずまずでした。1メアド10円で集めて、2件獲得なので獲得単価5,000円です。

メール営業も続けますが、
次は、FAXDMやります。
18日にFAXDM5000通送ります。
神田昌典さんの本にあった「PASONA」の法則に沿って
セールスレター作っています。

危機感がすごいので、
かなり真剣に、マーケティングの本やニュースレターを読んでいます。
真剣に読むとアイディアや実行案がバンバン浮かんで
実行する気力が湧いてきます。

とりあえず、来週、実践してみるので
また、このメルマガで結果、共有しますね。
あと、PASONAの法則に沿ったトップページの作り方に
関しても紹介しますね。


– 谷口翔太

 

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ