セールス

【コスパ重視】今すぐ問合せを出しつつ、将来的にコスト削減できる方法

2021年08月01日(日)セールス

こんにちは、今回もご覧いただき、ありがとうございます。
今週は松井が担当致します。

テーマは「【コスパ重視】今すぐ問合せを出しつつ、将来的にコスト削減できる方法」でお届けしたいと思います。
よく皆様からいただく相談で、「できるだけコストを抑えて問合せを出していくようにしたいので、どうしたらいい?」というのがあります。
マーケティングは状況に合わせて考えていくものですから、絶対コレというのはないです。が、SEOとリスティング広告でマーケティングを考えるときに一つ有効な考え方がありますので、今回はこちらをご紹介します。

今回のご質問「できるだけコストを抑えて、問合せを出す」ということですが、
問合せをできるだけ早いタイミングで出していくとするとリスティング広告は外せません。
ですので、リスティング広告を使うのはまず正解と言えますが、できるだけコストを抑えてという点に懸念が残ります。

リスティング広告は出稿にあたって、クリック単価×クリック数の金額を支払い続ける必要があり、ある程度一定の金額を支払い続けることになるので、コストを削減したいという要望はかなり早い段階で限界を迎えます。
また、現在のクリック単価に目が行きがちで中々気づく方が少ないのですが、クリック単価が上昇するという可能性に目を向ける必要があります。特にリスティング広告運用をする場合できるだけ効果的で安いキーワードを狙いますが、そういったキーワードはいわゆるお宝キーワードといって、「今気づかれてないだけ、でいずれ周りは気づいてくるキーワード」と言い換えられるのです。周りが気づき出せば当然クリック単価が上昇するので、長い目で見たとき同じ問合せ数で今より広告費が増えるという可能性が高くなります。

では、どうしたら将来的にコストを減らしていけるの?という点をお話します。

結論から言うと、SEO対策を実施します。SEO対策というと問合せが出始めるまでに半年~1年という長い期間待たなきゃいけない上に労力がかかるのでちょっと気が引ける…という方が多いのですが、このSEO対策こそがリスティング広告のデメリットを完封してくれるスグレモノです。
SEO対策のメリットはずばり、「広告費をかけずに、成長し続ける!」ということ。前述の問合せに繋がるまでの時間やコツコツとサイトを成長させなきゃいけない人的リソースと面倒くささというのはデメリットとしてありますが、成功の暁にはとんでもない利益をもたらします。
一旦下記にSEO対策のメリットを並べてみます。
・クリックを得るために広告費がかからない
・今すぐ客だけでなく、「将来的に」顧客になる層へもアプローチができる
・問合せ数に際限がない
・常に最新情報をお届けできる
・社会情勢や事業方針の変化に合わせて、一般公開情報を変化させられる
など、あげるとキリがないほどあります。
が、今回は「コスパ」に焦点を当てるテーマなので、上記メリットで見るべき点は「クリックを得るために広告費がかからない。問合せ数に際限がない」という点です。

さて、ここでご質問です。
Q:あなたは月間20件の問合せを得るために月間40万の広告費をかけています。同時に1年ほどSEO対策も実施しており、今月になり、そこから20件問合せが出ました。
広告費の40万をこのまま支払い続けますか?それとも広告費40万のコスト削減をしますか?

いかがでしょうか?
こんな状況が生まれたら良いと思いませんか?
これがリスティング広告で今の問合せを担保しつつ、将来的にコストを削減できる方法です。
さらに言うと、SEO対策には際限がありません。現在仮に月間20件問合せが出るまでに育ったとして、更に別のキーワード対策に幅を広げると「+10~30件」とどんどん増やしていけます。当然広告費もかかりません。

今回の内容はここで以上となります。
今週もご覧いただき、ありがとうございます。

ここ最近はコロナ感染者も増えてきています。
どうぞ皆様ご自愛下さいませ。

関連記事

CMSpro Youtubeチャンネル
補助金・助成金
契約書のコスト削減!簡単に使える中小企業専用/電子契約サービス

東京都港区芝浦3-14-8芝浦ワンハンドレッドビル2F運営:リンヤ株式会社
© 2021 CMSpro All Rights Reserved.