0364352835
メールでお問合せ

マーケティング

若者への大ヒットに隠された秘密!

2021年07月02日(金)マーケティング

こんにちは!
CMSproに新しく入社しました、宮下です!
今後皆さんにとって有意義な情報が配信できるように頑張ります!

今回のテーマは
「10代ヒットの鍵は40代!?」

皆さん、ワイドショーやネットニュースで10代に大人気、若者に大ヒット!
などの言葉をよく耳にするかと思います。
この世代はミレニアム世代、Z世代などと言われていますね。

ところが10代、20代中心にヒットの中で大ヒットの影には40代へのヒットも隠れているようです。

流行を作り出していく若者達。
確かに若者は新しいものへの感度が高く、SNSを使った拡散力も持っています。

若者だけではヒットを作れない時代へ

しかし、時代は少子高齢化。
若者の層は薄く、20代と40代の人口を比べると40代が1.4倍。
20代と40代の独身層、どちらが自由に使えるお金があるかは明白ですね。
今回は便宜上40代と括っていますが、若者が少ない現代でヒット作を作るには10代や20代だけではなく他の世代にも刺さる必要があるようですね。

ドラマ、映画、ゲームなども昔のリメイクものが多い印象がありますし、
最近の世界的なレトロブームもこのような影響があるのかもしれません。

ここでは一見10代中心にヒットしていると話題のもので、
別の世代にもウケている事例を見てみましょう。

Ado「うっせぇわ」

正体不明の現役高校生歌い手のAdo
この謎に包まれたプロフィールと一度聞いたら忘れられない歌詞は一気にトレンドとなりましたね。

この楽曲、10代には今までにない曲、新鮮さがヒットし、
一方、30代近辺の世代の、ボカロ曲と言われるジャンルが登場した際に10代だった年代からは、昔のボカロを思い出すと言った懐かしさで話題になりました。

そして、40代に刺さったのは歌詞と言われています。
「ちっちゃな頃から優等生」はチェッカーズのギザギザハートの子守唄を連想させますね。
社会への反骨精神を描いたこの歌詞は尾崎豊を思い出した方もいるのではないでしょうか?

一曲の中で様々な角度からあらゆる年代に刺さっているという面白さを感じますね。

TikTokを一番使ってるのは40代男性??

ショートムービーアプリ「TikTok」の利用者は40代男性の割合がもっとも多いという記事が最近話題になりましたが、こちらも本来想定としているターゲットとまた別の層からアプローチがあったパターンですね。
どうやら、圧倒的数を占めているいるわけではないようですが、利用者は確実に増えつつあるそうです。
自分の子供がTikTokを見ているのをきっかけに始める方が多いのでは?
と言われているようですね。
ゴルフコンテンツ人気のようで、こちらもお父さん世代に刺さっている要因のようです。

まとめ

このように、思わぬ年代からのヒットで大ヒットコンテンツと成長する例の一部をご紹介いたしました。
皆様が、HPページや、新たな事業・企画を検討し、ペルソナをイメージする際、
メインターゲット以外の層も頭の片隅に入れてみると、何かヒントがあるかもしれないですね。

以上、今週は宮下が担当いたしました。

関連記事

CMSpro Youtubeチャンネル
補助金・助成金
契約書のコスト削減!簡単に使える中小企業専用/電子契約サービス

東京都港区芝浦3-14-8芝浦ワンハンドレッドビル2F運営:リンヤ株式会社
© 2021 CMSpro All Rights Reserved.