SEO対策

今後のSEO対策に必要になるE-A-T

2020年10月16日(金) SEO対策

いつも週刊メルマガをご覧頂き、誠にありがとうございます。
今週は、CMSpro制作担当の沖野が担当させていただきます。

今後のSEO対策に必要になるE-A-T
制作担当: 沖野直人

今回は、今後のSEO対策で重要になってくる【E-A-T】についてご紹介したいと思います。

まず、E-A-Tとはなにかということをご説明いたします。
E-A-Tとは、Googleの造語で、Googleが重要視している以下の
それぞれの頭文字をとったものです。

・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)

なおこれは、Google公式の【検索品質評価ガイドライン】でも紹介されている
評価基準でもあります。

「専門性」とは、1つなにかの専門に特化しているかどうかということです。

わかりやすく一言でいえば、【なんでも屋】になってはGoogleは評価してくれる
可能性が低いということ。

私生活でも置き換えてみると同じで、「今日は美味しい魚が食べたい!」と
思ったときに、なんでも売っているスーパーよりも、しっかりと長年営業している
地元の魚屋さんのほうが、安くて新鮮な魚が手に入りやすそうなイメージがありませんか?

1つのジャンルに特化して、ユーザーのニーズを満たしているホームページが
今後のSEO対策として必須となってきます。

「権威性」とは、どのような人が情報を発信しているかを重視するものです。
一番わかりやすい例は、医療に関するホームページです。

Googleは日々進化しているとはいえ、医療に関する点でいうと専門家やプロでは
ないため、あるホームページに病気の治療法や予防法が記載されていたとしても、
その情報が正しいのか?間違っているのか?判断がつきません。

もし間違った情報が記載されているホームページを上位に表示してしまった場合、
今度は、Googleの信用が下落してしまいます。

そこでGoogleがスポットをあてたのが、「誰が情報を発信しているか」どうかです。
沖野と権威のあるお医者さんが同じ内容で、「風邪の予防法」という記事をアップしたとしても、
権威性が大きく異なるため、評価が雲泥の差になります。

逆に、「ホームページ制作のコツ」という記事なら、沖野のほうが勝てるかもしれません。

これがE-A-TのAuthoritativeness(権威性)に当たります。
特に、Authoritativenessは長期的な運営で手に入れていくものであり
一朝一夕には構築できないため、長い目で運用していくことが重要です。

「信頼性」とは、多数の情報開示(自己開示)をしましょうということです。

大袈裟にいうと「弊社はホームページ制作会社です」と記載があるだけで、
そこに依頼するでしょうか?
誰もが、とても怖くて依頼できないと思います。

Googleからの信頼を勝ち取るためには、通常のビジネスと同様で、
・「会社名」
・「代表者名」
・「所在地」
・「設立日」
・「業種やサービス内容」
・「会社規模や従業員数」
・「沿革」
・「電話番号や連絡先」
などなど、まずは自社の素性を明かしていくことが必要です。

なお、他にも外部のサイトからリンクをもらったり、お客様の声を記載したり、
最近よくご希望いただく【SSL化(HTTPS化する)】することで信頼性をアップさせることができます。

現在ほど、Googleの検索エンジンの精度が高くなかった時代は、
ホームページの評価もわかりやすく単純で、ただ単に検索キーワードを詰め込んだページや、
外部からリンクをもらった数が多いホームページを上位に表示していました。
その結果、低品質でユーザーにとって、誤解や間違った情報のコンテンツが量産されました。

しかしそれではGoogleの信用度に関わります。

そこで、Googleも検索エンジンの精度向上に力をいれ、評価基準などのアップデートを
繰り返しながら、「正しい情報のみ」が検索結果の上位に表示されるよう
E-A-Tという概念を評価基準に設けました。

いかがでしたでしょうか?

・「○○の専門家だから、より○○に詳しいだろう」=専門性評価
・「○○が言っているから正しい情報だろう」=権威性評価
・「○○など情報を開示しているから安心だろう」=信頼性評価

テレビや雑誌などをみていても、知らず知らずのうちに
【○○に所属している○○に得意な○○さん】が伝えていることだから
正しい情報だ!と思っているはずです。

E-A-Tは、あくまでGoogleの評価基準ですが、そういう意味では、よりリアルな
生活の評価基準に近くなっているような気がします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

– 沖野直人

関連記事

  • 久しぶりの新規事業 こんばんは。 谷口です。 以前にご紹介した弊社の新規事業、電子契約サービス https://cloudcontract.jp/ の立ち上げですが、難航しながらも前進しています。 「想定通り行って欲しいな~。」 […]
  • 最近のSEO順位の大変動の理由!ペンギンアップデート4.0実施! CMSpro週刊メルマガをご覧頂き、ありがとうございます。 今週は、SEO担当の高橋がお送りいたします! 今日のテーマは最近世界規模で順位の大変動についてです。 […]
  • 「競合調査」ホームページへの活かし方 いつもCMSpro週刊メルマガをご覧頂き、誠にありがとうございます。 今週は長谷川が担当させて頂きます! 本日は、 ホームページを作る時に欠かせない、ライバルの調査。 「競合調査」について、ご案内致します! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ […]
  • オンラインで資料作成!<Googleスライド> 本日は、CMSproの池田がご紹介させて頂きます。 本日のテーマは、【Googleスライド】です! Googleスライドとは、 Googleアカウントがあれば無料で使える プレゼンテーション資料が作成できるサービスです。 プレゼンテーションを作成するためのソフトは様々あります […]
  • 取れるうちに取れるだけ取る おはようございます。 谷口です。 リスティング広告の運用の案件が、増えていて、 数字を観察するのが、おもしろかったりします。 嬉しいことに、商品の単価に対して獲得単価が安い うらやましくなるような状況のお客様が、けっこういらっしゃって 儲かっていいな~と思いながらも、続いて欲しいけど、おそらく […]
  • SEO対策・リスティング広告どちらが効果的? いつもCMSpro週刊メルマガをご覧頂き、ありがとうございます。 今週は、SEO・リスティングを担当している高橋がお送りいたします。 このメルマガの内容が、少しでも皆様のホームページ運営の参考になれば幸いです。 何卒宜しくお願い致します! […]

WEBマーケティング情報一覧
補助金・助成金
契約書のコスト削減!簡単に使える中小企業専用/電子契約サービス

東京都港区芝浦3-14-8芝浦ワンハンドレッドビル2F運営:リンヤ株式会社