1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. GoogleAnalytics
  4. Googleアナリティクスのチャネル分析で課題を発見

Googleアナリティクスのチャネル分析で課題を発見

投稿日:2018年10月1日 カテゴリー: GoogleAnalytics

いつもCMSpro週刊メルマガをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今回はマーケティング担当の高橋が担当させていただきます。

本日のテーマはサイトの分析には欠かせない
Googleアナリティクスの「チャネル」についてご紹介致します!

是非、今後の運用に活用してください。

チャネルとはホームページを訪れた人が何を見てやってきたのか分析が出来ます。
ホームページを訪れた人が広告をクリックしたのか、検索からクリックしたのかなど
それぞれのチャネル毎のデータ分析が可能になっています。

Googleアナリティクス上での確認する場所は「集客」をクリックし、
そのすぐ下の「サマリー」をクリックするとチャネルによって分類されているのがわかります。

それぞれのチャネルが具体的にどのような経路でアクセスしたかは
下記のようなチャネルに分かれております。

チャネル一覧
・Organic Search(自然検索)
∟検索エンジンからの流入数。
リスティング広告(検索結果に表示される有料広告)は除く。

・Paid Search(有料検索)
∟リスティング広告からの流入がここに分類される。

・Social( ソーシャルメディアからの流入)
∟ソーシャルメディアからの流入がここに分類される。

・Referral(別サイトからの流入)
∟他のWebサイトから流入した場合、ここに分類される。

・Direct(直接の流入)
∟何かを経由せず直接流入した場合などに、ここに分類される。主に以下のような場合があります。
〇URLを直接ブラウザに入力する
〇ブックマーク
〇アプリ
〇メール
〇QRコード

・Other Advertising(他の 広告)
∟リスティング広告・ディスプレイ広告以外の広告からの流入がここに分類される。

・Email(メールからの流入)
∟Eメールからの流入がここに分類される。

・Affiliates (アフェリエイトからの流入)
∟アフィリエイトからの流入がここに分類される。

・Display( ディスプレイ広告の流入)
∟ディスプレイ広告からの流入がここに分類される。

・Other (その他の流入)
∟上記のどれにも分類されなかった場合に、ここに分類される。

チャネルではそれぞれのアクセス経路の情報を確認することができます。
チェックして頂きたいポイントしてはこちらです。

・ユーザがどこから自社サイトにたどり着いたのか
・チャネル毎の閲覧状況の確認

などの詳しい情報が得られます。

organicの場合、自然検索の数が多い程良いですが
アクセス数が多くても直帰率やユーザー数が低いとお問い合わせに繋がりにくい状態のため、
改善が必要な場合が多い。

などチャネル毎の閲覧状況を確認する事で現状が把握できるかと思います!

平均セッション時間とは1回のアクセスの平均時間です。

この平均セッション時間が短い=ということは内容をあまり読まれていないという事なので
平均セッション時間が以上に低い場合は改善が必要です。

考えられる原因としては
・知りたかった情報が掲載されていない
・わかりにくい、読みにくい
などの理由が考えられます。

そのため、改善策としては
・わかりやすい情報を掲載する
・文字ばかりではなく、読みやすくする
・問い合わせバナーや他ページへ誘導用のリンクを設置する

などの問題点の発見と改善方法が見えてくるかと思います。

また、他にもユーザー数・直帰率・ページ/セッション・コンバージョンなど
分析の指標になる項目はありますので、
ユーザーの訪問動機を想像してみると改善策も分析出来ると思います。

以上、ご参考になれば幸いです!

Googleアナリティクスを見てみると、
意外な事が見えてくるかもしれません!
ぜひチェックして見てください。

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
来週は、制作担当よりお送りします!

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ