1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. SEO対策
  4. SNSのSEO効果や関連性

SNSのSEO効果や関連性

投稿日:2018年2月6日 カテゴリー: SEO対策

いつも週刊メルマガをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今週は、CMSproの高橋が担当させていただきます。

最近、SEO対策のためにSNSをHP上に掲載した方がいいの?というご質問をいただくことが多いです。
そこで今回はSNSのSEO効果や関連性についてご紹介致します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SNSのSEO効果や関連性

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結論から言うと、SNS自体にはSEO効果はありません!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Googleのミューラー氏は以前、公式動画内でSNSシェアについて、
直接的なSEO効果はないという趣旨の説明をしています。

SNSには大抵「rel=”nofollow”」が付いているためと説明しています。

・nofollowとは?
検索順位を上げるための要素として被リンクがあります。
被リンクとは、良質なサイトからリンクが貼られているサイトは良いサイトのはずなのでGoogleから評価され、検索上位に表示されやすくなります。

nofollowは被リンクの効果を無効化する設定になります。

そのため、SNSではnofollowが設定されているため、
SEOに直接効果はないと言われております。

では、SEO効果がないならHPに設置しなくてもいいんじゃないか?と思いますが、
スマホの利用者の増加に伴い、SNS利用者も増えている現状では、
今後も全く関係ないとは言い切れません!

また、SNSが効果がないのは検索順位を上げる事に関してと考えられます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

SNSを掲載する事で評価がマイナスになる事はありません。
SNSは検索順位の評価には効果はありませんが、それ以外ではプラスの効果をもたらしてくれます。
マイナスにならないなら活用しない手はありません!

先ほどもご紹介した通り、SNSは検索順位の評価には効果はありませんが、
このような効果があります。

【SNSの拡散力】

SNSシェア(twitterのツイート、facebookのいいね!やシェア、Pocketやはてなブックマークの登録など)され、多くの人に拡散されることでHPのページを閲覧数が増加します。

またシェアだけではなく、話題性があるコンテンツはまとめサイトにて掲載されたり、
個人ブログで取り上げられたりと、SEOに効果のあるサイトでリンクが貼られている場合もあります。

SNSは直接的にはSEO効果はありませんが、間接的にSEO効果を高める効果があります。

今後もSNSの利用者は増加していくと考えられますので、
もし現在、SNSを導入していないのであればおすすめです!

SNSがない事で「みんなに共有したい!」となった時にSNSへのシェアボタンがないと拡散できませんので、
ページ内にシェアボタンもしっかり用意したり、HPとの連携などをしましょう。

サイトを見られる機会を逃している可能があります!
TwitterやFacebookなど複数のSNSを活用して上位表示に繋げましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがだったでしょうか。
ホームページ運営の手助けになれば幸いです!

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
来週は、制作担当よりお送りします!

 

– 高橋 奈津稀

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ