1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. SEO対策
  4. 動画とSEOの関係性について

動画とSEOの関係性について

投稿日:2017年9月20日 カテゴリー: SEO対策

こんにちは!
いつも週刊メルマガをご覧頂き、誠にありがとうございます。
今週はCMSproマーケティング担当の高橋が担当させて頂きます。

東京ではほぼ毎日30℃越えの日々で、熱いです。
特にオフィスが今までは駅から少し離れていたので出社するだけで汗だくになっていました。。。

ですが先日、オフィスを引っ越したことで駅から近くなったので、
大量に汗をかく前に出社することができるようになり嬉しい限りです!

さて、
今回は、動画とSEOの関係性について、ご紹介していきたいと思います。

**********************************************************

今、動画SEOを取り入れているサイトは多いですが実際にSEOとしての効果があるの?
と思う方も多いでしょう。

そこで今回は動画のSEO効果や動画を載せる事のメリット・デメリット
といった所をご紹介致します!

率直に言うと、Youtube動画だけで
直接的な検索順位に大きく関わる事はほぼありません。

やはり現在の質の高いコンテンツを重視している事は変わりないため、重要性としては低いです。
ですが、動画はサイトのユーザビリティ的には大きく重要になっています。

例えば、ランディングページに動画を設置し、サービスについて動画で紹介する事で、
テキストだけでは不十分だったサービスや手法をユーザーに的確に伝える事ができるためお問合せに繋がりやすくなります。

メリット

・滞在時間の増加

動画を見る事でサイト自体の滞在時間が増え、サイト評価が高まりやすくなる。

・ユーザビリティが高まる

通常のテキストのコンテンツよりも音声や動画コンテンツを取り入れる事で、
ユーザーにとっての利便性が高まる。

・お問合せに繋がりやすい

サービスや商品紹介をする場合に、画像やテキストで紹介するよりも
動画で紹介をする事で具体的な操作方法や触った感じなど伝わりやすいため、
顧客満足度が上がり、結果的にお問合せに繋がりやすくなります。

デメリット

・動画の質に大きく左右される

動画の質が高い程、効果が出やすいです。
しかし、人によってはマイナスなイメージを持たれる可能性もあり、
動画が人に与える影響は大きいので動画作成の際には要注意が必要です!

・直帰率の上昇

動画を入れた事で、読み込みが遅くなる可能性が高まる。
また、サイトや動画の読み込みが遅くなることで、ユーザーの離脱率・直帰率が上がりやすくなる。

・評価が得られにくい

SEOの評価基準として、テキストで記述する事を推奨しているため、動画だけではサイト評価がされにくい。
そのため、Youtube動画等を利用する際にはいくつかのポイントを押さえておくことが重要。

 

SEOで重要なのは、質の高いコンテンツ、リンク、画像などそれぞれに対してしっかりと対策を行いつつ、
動画SEOを行う事でSEO効果が発揮されるのです。

テキストだけ良質で他の対策では低評価では、サイト全体の評価も下がってしまうので、
コンテンツ・リンク・画像すべてに対して質を上げ、良質なページを作成しましょう!

**********************************************************

いかがでしたでしょうか。

今回は動画とseoの関係性についてご紹介致しました。
具体的な動画seoのポイントはまた改めてご紹介致します。

動画についてだけではなく、ホームページのアクセスアップ、改善について、
お悩みがございましたら、いつでもご相談ください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

高橋 奈津稀

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ