1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 中小企業の経営
  4. 「自力で稼ぐ」か「仕組みで稼ぐ」

「自力で稼ぐ」か「仕組みで稼ぐ」

投稿日:2017年9月7日 カテゴリー: 中小企業の経営

おはようございます。
谷口です。

無事事務所の引越しが、一昨日終わりました。
番号の変更(03-6699-1105から03-6435-2835への変更)があり
皆様には、ご迷惑をおかけしますが、引越しを機に
より皆様に貢献できるように更に頑張ります。

しかし、ただ自分が頑張るだけでは、どうにもならない売上規模になり、
仕組みで稼ぐ体制を強化していかないとなと思っています。

自営業だと、自分で営業してお客様を獲得して、自分で仕事をこなす
「自力で稼ぐ」という仕事の仕方があります。

自分も仕事をはじめてからの3年間は、一人でホームページ制作の仕事を頂いて、作って、請求して
といった感じであまり休みも取らずに、ひたすら働いていました。
バカだったのでけちって税務申告まで自分で
やっていたので決算申告月は殺人的な忙しさでした。

若かったのでどうにかなりましたが、腰が痛くなったりして
自分には、これをずっとおじいさんになるまで続けるのは、ちょっと無理そうだなと思い始めていた
時期に人を雇うことになり、徐々に「自力で稼ぐ」から「仕組みで稼ぐ」に
シフトしていきました。

「仕組みで稼ぐ」とは、ちゃんと説明するとなるとなかなか難しいのですが、
簡単に言うと
自分以外の人が、仕事をとってきて、
自分以外の人が、その仕事をこなして
お客様が、満足してさらに次の仕事につながる
というサイクルが構築されていて
お金を生み出すということです。

うちの場合、広告を出して、問い合わせが、来て
社員が、対応をして受注して
まず、ホームページを作って
その後運用のお手伝いを別の社員がするといった感じです。

こう書くと簡単なんですが、
そもそも、広告経由であれ、営業マンがいても仕事を取るのが、難しいし、
さらに仕事をいただいて満足できる水準で仕上げるのも難しいです。

難しい中でも結果を出すには、マーケティングのテクニカルな技や
人の心をふまえた上でのマネージメントの細かい技を磨いていかないと
いけないです。

しかし、最近は、どのような形で我々が、お客様に貢献していくのか?
この仕事をすることの意義とは?といった理念、
自分と社員が、腑に落ちて自然と行動に促される理念を
作ることが、技術的なことより、大事だし、一番効果的なのではと感じています。

この理念が、しっかりしていると社員が、自発的に仕組みの改善を行うようになります。
理念が、ないと社長が、細かく工程ごとのやるべきことを決めて
ちゃんと実行されているか細かくチェックしなければなりません。
レベルが、低いとちゃんとやってるか的な部分で時間を取られて
改善するところまで手が回らないこともあります。

いままで、理念とかビジョンというと曖昧で大きすぎて捉えずらく
考えるとなかなか面倒ですが、
「お客様との理想的な関係のありかた」について
考えると、わりと考えやすいです。

突き詰めると商売は、買ってくれる人と売る人との関係です。
社会をよくしていくには、自分が、行う商売で
多くの人とよりよい関係を築いていくということを
愚直にやっていくしかないです。

商売の種類によって、いい関係の内容が、変わってくるので
そこをじっくり考えていくのが、いいでしょうね。

「自力で稼ぐ」、「仕組で稼ぐ」の違いからなんか
だいぶ話が、それてしまいました。。

「仕組で稼ぐ」は自分が、動かなくていいものの
人と働くことで生まれる大きな心労があるので
自分の楽さ、メリットを考えると「自力で稼ぐ」を取っても「仕組みで稼ぐ」を取っても
結局どっちもどっちな気がします。
自分の場合は、かなりわがままだけど、なんとか人に合わせられるので「仕組みで稼ぐ」形になって
いますが、どちらか自分に合う形を選んで「いかにお客様に社会に貢献していくか。」を考えながら働くことが、
いい未来を作るのかもしれないですね。

谷口翔太

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ