1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. SEO対策
  4. SEO対策・リスティング広告どちらが効果的?

SEO対策・リスティング広告どちらが効果的?

投稿日:2016年12月2日 カテゴリー: SEO対策

いつもCMSpro週刊メルマガをご覧頂き、ありがとうございます。
今週は、SEO・リスティングを担当している高橋がお送りいたします。

このメルマガの内容が、少しでも皆様のホームページ運営の参考になれば幸いです。
何卒宜しくお願い致します!
本日のテーマは「SEO対策・リスティング広告どちらが効果的?」についてです。

ネットからの集客を見込む際には「SEO対策・リスティング広告」と言った事を
皆様も一度はご検討されたことがある、または現在既に行っているかと思います。

その際にはきっとSEO対策とリスティング広告どちらを行った方がいいのか?と
考える方が多いと思います!
弊社でもどちらで対策した方が良いの?といったご相談を頂く事がございます。

そこで今回は
集客の為に必要な対策についてご案内致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リスティング広告の短所・長所

長所

・開始日から掲載が可能
アカウントを登録し、キーワードや広告文などを準備し審査が完了したら
すぐに広告が開始されるため、集客の開始スピードは圧倒的に速いです。

・結果がリアルタイムでわかる
運用状況が確認しやすく、予算の調節やリスティングからの購入やお問い合わせ数など
細かく確認することができます。

・ターゲティング条件の管理が設定できる
検索ユーザーの年齢・居住地域・性別といった観点からも広告を表示する相手を
細かく設定が可能です。また、広告やキーワードの見直しも簡単に変更も可能です。

短所

・手間がかかる
広告の入稿・キーワードの選定・予算の調節など行う作業がとても多く、
開始するまでに時間を要します。

・無駄なクリックが発生する
顧客にならないユーザーからのクリックも含まれており、
他には競合他社からの悪意をもったクリックも含まれてしまうケースもあります。

・費用がかかる
リスティング広告ではクリック課金型のため、クリック数に応じで費用が増加していきます。
そのため、自社で行おうとも他社に依頼する場合でも費用がかかってきます。

また、競合性の高いキーワードの場合は1クリックの費用(クリック単価)が高くなり
<クリック単価×クリック数=総支払額>とサイトへの流入数が増加していくにつれて
総支払額が増加してしまいます。

■SEO対策の短所・長所

長所

・上位表示した際の高い集客効果が見込める

検索順位が上位表示により高いクリック率が見込めます。

上位表示の為には検索するユーザーが求めている良質なコンテンツが
自動的に上位に表示されためコンテンツを充実にする必要があります。

・マイナーなキーワードからの流入

今までのSEO対策では大きなキーワード(例:ホームページ制作)での対策を行っていましたが
現在は逆に、月間検索数は少ない小さなキーワード(例:ホームページ制作 SEO対策 見積り)
1つ1つを対策していく「ロングテールSEO」と呼ばれる対策が効果的と言われております。
※小さなキーワード:検索結果が少ないキーワードの事をスモールワードと呼びます。

1個のキーワードでは検索数が少なくても100個、1000個と対策していくことで、
大きなキーワード以上のアクセスを獲得できます。
また、ロングテールSEOではよりユーザーにとって必要なコンテンツを作成することで
お問い合わせ・購入に繋がりやすいというメリットがあります!

短所

・効果がでるまで時間がかかる

Googleに評価してもらうまで時間がかかってしまいます。
業種やサイトによって評価してもらうまでの期間はバラバラのため正確な期間や時期が
予測することは難しいです。
また、評価してもらうためにはユーザーにとって有益なコンテンツの作成など
対策が必要なため手間や時間がかかってしまいます。

・掲載順位を管理できない

リスティング広告であればある程度の掲載順位を管理する事は予算の調節などで可能です。
しかし、SEO対策では検索順位を決めているのはGoogleアルゴリズムのためこちらでは
掲載順位の管理は不可能なのです。そのため日々順位変動が起きており、
1~10位だったものが50位まで下がる可能性もあります。

※Googleアルゴリズム:Googleによって定められている検索順位を決定するルールです。
 検索順位を決定する要因は200項目以上あると公表されています。

・自分で対策を行うには知識が必要

自分で対策する場合は、SEO対策の知識が必要になります。
また、Googleアルゴリズムも徐々に変わっていくため最新の情報を知った上で
対策を行っていく必要があります。
SEO担当がいらっしゃる企業様は問題ありませんが、担当がおらず少人数の企業様の場合は
そこまで手が回らない方が多いかと思います。

上記の事をふまえると「早く集客したいのならリスティング広告、
中期、長期的に集客をしたいのならSEO対策!」と思われる方もいらっしゃいますが
集客を見込むためには実際は「どちらも必要」といった場合が多い事が事実です。

確かに、SEO対策・リスティング広告どちらかを行って集客ができるサイトもありますが、
その場合の多くはご自身でコンテンツを作成をしている意欲的なサイトに多く見られます。
会社の状況によっては更新していくことが難しい方もいらっしゃるかと思います。

また、業種によってはSEO対策からの集客が難しい場合やリスティング広告では
広告が表示できない業種もあるため競合他社や上位表示しているサイトなど
業界の現状を把握していくことが重要になります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、如何でしたでしょうか。

今回は、ご自身で行った場合をご紹介しましたが
弊社ではリスティング広告の運営や弊社にて追加コンテンツの
分析・ご提案・作成まですべてに対応した「コンテンツSEOプラン」サービス行っております。
ご興味のある方はお気軽にご相談下さい!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
来週は、制作担当よりお送りします!

高橋

毎週配信中!ご登録されたい方は、E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ホームページ運営ブログ
カテゴリー
谷口翔太のブログ